藩邸クロスオーヴァー

江戸の大名屋敷(江戸藩邸)址は、地方出身者と東京を結び、東京の昔といまを結んでくれる接点です。
江戸の派遣社員
派遣をはじめとする契約社員の方が、目にみえて増えてますね。
実は江戸後期から幕末にかけても、同じような現象がみられたそうです。

当時、江戸城に登下する大名たちが、彼を担いだまま駆け出す駕籠かきによって投げ出され、転倒するアクシデントが度々おきました。他藩の駕籠かきたちと先を争うっているうち、駆け足になってしまうのだそうですが、現場はさながら駕籠かきレースの様相を呈していたそうです。
というのも駕籠かき人には、短期契約の「渡り奉公人」と呼ばれる人が多く、血気盛んで腕自慢をしたがったのだとか。
殿様からみれば災難以外のなにものでもないですが、意外にも当人たちを罰することなく、状況を慮って止めるよう諭す藩もあったそうです。

五節句などの式日の際には、ざっくり270家くらいいる大名のほぼすべてが、行列を組んで江戸城に登城しなければいけませんでした。
しかも、行列の構成員がみんな城内に入れるわけではなく、多くは江戸城大手門、桜田門前の「下馬所」に残され、地べたにござをひいて主人の帰りをずーっと待っていなければならないのです。正直、ものスゴい人数になったでしょう。
さらに供回りの者を連れた大名は、城内に進み「下乗所」で駕籠を降ります。駕籠かきたちは、やっぱりそこで待たされるわけです。
渡り奉公人でなくとも、フラストレーションがたまってしかたなかったでしょうね。

それはさておき、荻生徂徠は、このように指摘しています。
「最近では一生奉公する譜代者がほとんど姿を消し、かわって一年ないしは半年契約で勤める出替り奉公人が大勢を占めている」
さらに、譜代奉公人が流行らなくなったのは、完全終身雇用なので、幼少から教育したり、老後を保障したり、なにかと効率的でないからだ、とも述べています(氏家幹人『殿様と鼠小僧』)。

ことの背景を考慮せずこの現象をみれば、契約社員の割合がどんどん高まっているいまの状況と、似ているのかもしれません。
幕末の藩といえばどこも財政難で、緊縮によるコストダウンや業務の効率化を余儀なくされていました。
徂徠が指摘したような現象がおこるのも当然といえば当然で、「会社の利益をあげるため、効率化とコストダウンをはかる」いまの企業と、「赤字解消のため効率化とコストダウンをはかる」幕末の藩、動機こそ異なるとはいえ、やっていることはいっしょだったともいえます。

いまの企業では、基幹業務を契約社員に依存しているところも多く、それでサービスのクオリティを落とさずに利益をだしている例も多々あるそうですね。
「ハケン」という言葉が一般的になり、テレビドラマでも派遣社員を主人公にしたものが増え、仕事・恋愛・人生について悩みながら生きていく彼らの姿を描いたものがあれば、なんでも快刀乱麻に解決するスーパー派遣が登場したりと、バラエティがでてきました。
それと比べると、藩のふところ事情が招いた「駕籠かきレース」、絵的にはなんとものどかで滑稽ですが、その後の幕藩体制崩壊という結末を考えると、単純には笑えないなぁ、という気もします。


d0121045_2512399.jpg

【写真:江戸城の大手門】

●出典:
氏家幹人『殿様と鼠小僧—老侯・松浦静山の世界』(中公新書)
氏家幹人『悠悠自適—老侯・松浦静山の世界』(平凡社ライブラリー)
平井聖/監修『大名と旗本の暮らし』(学研)

にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村
[PR]
by edohantei | 2007-04-23 19:18 | 藩邸随想
<< ヘンリー・ダーガー×東京ミッド... 北海道開拓と青山学院:藩邸イル... >>


by edohantei
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
藩邸随想
藩邸探訪
国許随想
国許探訪
フォロー中のブログ
最新の記事
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
「坂の上の雲」の幕末と薩摩
from 郎女迷々日録 幕末東西
「坂の上の雲」NHKスペ..
from 郎女迷々日録 幕末東西
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧