藩邸クロスオーヴァー

江戸の大名屋敷(江戸藩邸)址は、地方出身者と東京を結び、東京の昔といまを結んでくれる接点です。
タグ:伊予松山藩 ( 4 ) タグの人気記事
秋山兄弟の像-旧領民からみた『坂の上の雲』(其の三)[松山藩松平家上屋敷]
今日は、スペシャルドラマ『坂の上の雲』の初放映ですね。

先の「忠魂碑」について書いた記事のほうが独自性はありますが、今回は写真中心で。

万葉の昔から、松山に去来する船が停泊したといわれる三津浜の港。
額田王が「熟田津に船乗りせむと月待てば……」と詠んだ熟田津(にぎたつ)は、この三津浜か近くの古三津、または堀江、北条のあたりではないかといわれています(今治や対岸の大分ではないかという推論もありますが……)。
明治28年(1895年) 、夏目漱石が来松した際に利用したのも、この港でした。

d0121045_20341047.jpgd0121045_2072917.jpg
【写真:真之像のある大丸山から眺めた三津浜港。防予汽船の船が柳井に向かいます】

港を望む高台の上に、秋山好古・真之の銅像があります(伊予鉄梅津寺駅から徒歩5分)。
弟の真之も、東京に向かう際、大志に燃えてこの港を発っていったのでしょう。

d0121045_2081638.jpg
【写真:秋山兄弟像の案内板。現在は、ドラマにあわせてもう少し整備されています】

現在の真之の像は、10kmほど東にある、石手寺(四国八十八カ所の第五十一番札所)境内にあったそうなのですが、昭和43年(1968)に移されてきました。
しかし真之の人生を考えるとき、むしろ船出の地である三津浜のほうが、よりふさわしいという気がしてきます。

この秋山兄弟像は、時代の流れに翻弄され、もう少し込み入った経歴をもっているのですが、詳しくはNHKのサイトでご確認ください。

d0121045_2091529.jpg
【写真:見晴山にある秋山好古像(2代目)。昭和45年(1970)建立】

d0121045_20113093.jpg
【写真:秋山好古像の説明板】

d0121045_20194565.jpg
【写真:台座は、昭和11年(1936)道後公園に建てられた初代騎馬像から移設したもの】

d0121045_20153318.jpg
【写真:大丸山にある秋山真之像(2代目)。昭和38年(1963)建立、その後現在地に移設】

d0121045_20211620.jpg
【写真:秋山真之像の説明板】

d0121045_20221228.jpg
【写真:台座は、昭和6年(1931)道後公園に建てられた初代立像のものが、2転して現在地へ】

いっぽう、復元された「秋山兄弟生誕地」には、道後公園に設置されていた好古の像(初代)が復元され、真之の胸像もあります。

d0121045_20242927.jpg
【写真:秋山兄弟生誕地。常盤同郷会に隣接して復元】

d0121045_20245945.jpg
【写真:復元・秋山好古騎馬像】

d0121045_20253198.jpg
【写真:秋山真之胸像】

d0121045_2026286.jpg
【写真:復元された秋山邸の中。展示されている甲冑は、秋山家と関係ありません】

d0121045_2027732.jpg
【写真:秋山兄弟が使った『論語』の本。落書きがしてありました】

====================================================
秋山兄弟生誕地
松山市歩行町2-3-6 財団法人 常盤同郷会本部地
問合せ:089-943-2747
====================================================

↓よろしければ、ランキングにご協力お願いいたします!
にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


[PR]
by edohantei | 2009-11-29 20:32 | 国許探訪
好古と砲弾-旧領民からみた『坂の上の雲』(其の二)[松山藩松平家上屋敷]
旧松山藩領の、山あいにある町。夏休みに、私たちの住む地区でラジオ体操の会場となっていたのは、山の公園でした。

集合場所として、またラジオなどを置く台として利用していたのは、古い石碑です。またときには、この碑自体が、子どもたちの遊び場になっていました。

方形の石積みの上に、何年もかけて磨いたようなツルッつるの自然石が乗り、その上に碑本体が立っています。
碑銘は、「忠魂碑」。
その左には、「陸軍大将秋山好古謹書」とあります。
そして、自然石と碑本体の間にはさまり、なにか錆びた鉄の円筒が2本、ヌッとでていました。

d0121045_18191023.jpg
【写真:忠魂碑。この公園の裏手は昔、はげ山になっており、冬はスキーができました】

d0121045_1820885.jpg
【写真:碑の自然石の礎石と鉄の円筒】

小学生の私は、「好古って変わった名前だなぁ」と思ったことを覚えていますが、この碑の本当の意味を知るのは、後年、『坂の上の雲』を読んでからでした。

「忠魂碑」は、太平洋戦争まで全国各地につくられた、各戦の戦没者を慰霊し、忠節をたたえる碑。
件の石碑は、日清・日露の戦没者を示した慰霊碑で、昭和4年(1929)11月の建立だとあります。

碑文によれば、日清・日露の戦没者は、それぞれ2名、7名。
こんな寒村からも出兵していき、さらに戦没者までだしたことを考えると、とくに日露戦争が、国の総力をあげた戦争だったことを示しています。

好古の石碑についてよく調べられているブログ「鐘馗さんと名城めぐり」さんによると、秋山好古の揮毫(きごう)による石碑は、全国で44基発見されいてるそうですが、忠魂碑も複数あるようです。
「揮毫」とは、『大辞泉』によれば「特に、知名人が頼まれて書をかくこと」。
当時、各界の著名人や功労者が頼まれて碑銘を書することは、よくあったそうです。
好古揮毫の多さは、日本陸軍の要人であったためでしょうが、同時に、彼が同胞のことを思い、その死を強く悼んでいたことが偲ばれます。

山村の忠魂碑に戻りましょう。

この碑について特筆すべきなのは、碑の礎石となっている自然石と、そこからヌッと突き出していた鉄の円筒。
実は、日露の戦場に残されていた大石であり、砲弾だったのです。

d0121045_18211755.jpg
【写真:この錆びた鉄が、日露戦争の砲弾でした】

碑文は長年の風雨にさらされ、読み取れない文字もありますが、大意を示せば「この碑のためにはるか大連の地から、同胞の鮮血が飛び散った大石と、戦地にあった砲弾が送ってもらった」と書かれています。

軍関連の碑に、砲弾をかたどった支柱が置かれたりすることはよくあります。
しかし、苦心して運んだ遺物が使われている。たんに体裁だけを整えたのではない、思いの強さを読み取ることができます。

私は、秋山好古関連の史料を精読したわけではないので、彼の人柄は『坂の上の雲』をもとにするしかありませんが、好古がどういった人物であったか、この碑からもその匂いが立ち上ってくるように感じました。

次回は、秋山兄弟の像を、写真中心でご紹介しましょう。

====================================================
●「忠魂碑」所在地
【笛ヶ滝公園】愛媛県上浮穴郡久万高原町上野尻
問合せ:久万高原町役場産業振興課(TEL:089-221-1111)
====================================================

↓よろしければ、ランキングにご協力お願いいたします!
にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


[PR]
by edohantei | 2009-11-28 18:28 | 国許探訪
旧領民からみた『坂の上の雲』(其の一)[松山藩松平家上屋敷]
11月29(日)の放映開始を間近に控え、連日深夜、NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』を紹介する番組が再放送されていますね。
やるぞやるぞといいながら、何年もたちましたので、ファンの方としては「ようやく」という感が強いでしょう。

旧松山藩領出身の私も楽しみにしていますが、気分屋なので面倒くさかったら観ないかもしれません。

d0121045_21532362.jpg
【写真:松山城天守の破風群】

司馬先生の作品は多くのファンを生み、その影響力は計り知れないものがあります。
しかし、いわゆる「司馬史観」への反発から、批判的な人も少なくないですね。
『坂の上の雲』の舞台となった、地元松山市も例外ではありません。
映像化に先だって2006年には、松山城域内に「坂の上の雲ミュージアム」が竣工したのですが、『坂の上の雲』を軸としたまちづくりに対しては、市内の市民団体から反対意見がだされ、軌道修正を余儀なくされたという経緯もあります。
なかなか、難しいところですね。

d0121045_2243258.jpg
【写真:坂の上の雲ミュージアム前の番長遺跡案内板】

私自身は、どういう立場をとろうというつもりもありません。
とはいえ。

司馬先生は、たとえば『街道をゆく14 南伊予・西土佐の道』などで、本当に上手く伊予、そして松山の気風を持ちあげて下さっているんですよね。
賛美一辺倒でもなく、少しからかうような感じも含みながら、その味を描写する。
これが、気持ちいい。
「愛媛って、名古屋のあるところだよね?」といわれることさえあるマイナー県ですからね。
伊予人の私としては、司馬先生の「お上手」が、単純にこそばゆく、うれしいのです。

伊予は古来、常に負けつづけてきた国でした。
承平・天慶の乱では藤原純友が追捕され、承久の乱では、最大の豪族・河野氏が宮方について一族滅亡の危機に陥り、南北長期は阿波・讃岐にいた細川氏の動向に翻弄され、戦国期は毛利、大友、一条、長宗我部氏の侵略を受けました。
さらに、戊辰戦争にあたって松山藩は朝敵の汚名を着せられ、慶応4年(1868)1月から5月まで土佐藩の占領を受けて、完全な負け組のまま明治を迎えたのです。

伊予が武勇をはせたのは、藤原純友の戦いぶりや、源平の争乱で活躍した河野通信、元寇時に「河野の後ろ築地」でがんばった河野通有のときくらいでしょうか。
第二次長州征伐時、大島口の戦いでの惨敗は、まことに情けないものだったようです。

いま、そのことを意識している愛媛県民は少ないようですが、明治期、秋山兄弟が遮二無二がんばったのも、こうしたことが背景にあったためかもしれません。
かわいそうな伊予、かわいそうな松山……。

でも、そういう虐げられた感じが、なぜか愛媛にはありません。
なんとなくやんわりと、現状を受け入れて鷹揚に生きている。似たようなことを、司馬先生もおっしゃってますが、やる気もないけど大して悲観もしていない、ある意味楽天的で、ほどほどに現実的なところが、伊予人の特徴なのかもしれません。

次回の記事では、ちょっと地元の人しか知らないような秋山兄弟の情報も交えながら、松山藩の国許を語ってみましょう。

d0121045_224975.jpg
【写真:松山城天守からみた道後平野と瀬戸内の海】

↓よろしければ、ランキングにご協力お願いいたします!
にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


[PR]
by edohantei | 2009-11-25 21:44 | 国許随想
愛宕山の夜景~『JIN-仁ー』より[伊予松山藩上屋敷]
TBS日曜劇場の『JIN-仁ー』
オープニングのタイトルバックに広がるのは、幕末の慶応元(1865)年から2(1866)年にかけ、F.ベアトが撮影した、愛宕山からの眺めです。
すなわち、私たちが知ることのできる、数少ない本当の江戸の姿でもあります。
そこには、私の国許・伊予松山藩の上屋敷も写っています。

愛宕山から東を望んだベアトの写真は、5枚続きのパノラマビューになっていて、左手の北側は江戸城西ノ丸下あたりから、遠く築地本願寺、浜御殿、右手の南側は増上寺の杜、その先に品川の海まで収まっています。
愛宕山は眺望のよい場所で、江戸時代には、江戸市中が一望のもとに見渡せたのだそうです。
愛宕権現は江戸市民の崇敬厚く、また月の名所でもあったのだとか。

いま愛宕山は、中央をトンネルが穿ち、山肌は削られ、再開発によって二棟の巨大な高層ビルがそびえたち、ただわずかに、愛宕神社、NHK放送博物館周辺の森が、その面影を残すのみです。

月の名所だったという愛宕山に、夜、登ってみました。
愛宕グリーヒルズの裏手にある日本風庭園へ、不法侵入者のように恐る恐る分け入り、東屋にたって、ビルの隙間からやっとみえたのは、目の前に立ちはだかる、慈恵会医大の建物でした。


d0121045_2454543.jpg


そのせいでしょうか。
『JIN-仁-』のオープニングをみていると、「人の命」とか、「医とは何か」といったテーマはもちろんですが、それとは別に、なにか『逝きし世の面影』とでもいうような、なんとなく懐かしく、そして古い悲しい記憶を呼び起されたような気持ちに襲われました。

ベアトの写真は非常に有名で、これまで何度もメディアに取り上げられています。
また、こういった古写真を、同じアングルの現代の姿と重ね合わせるやり方は、別段新しい試みでもありません。
それでもやはり、この番組がベアトの写真を採用し、それを現代の東京と重ね合わせたのは正解だった、このドラマのテーマに対して、一つの重みを加えることに成功している、と私は思っています。


d0121045_243035.jpg

愛宕グリーヒルズのうち、オフィス棟にあたるMORIタワー。以前は、ボーダフォン日本法人の本社機能がここに入っていて、私も仕事で何度か足を運んだのですが、いまはどこが入っているのでしょうか


d0121045_2434391.jpg

同じく、住居棟にあたるフォレストタワー。青松寺を挟むかたちで、MORIタワーと並立しています


d0121045_244423.jpg

慈恵会医大附属病院のF棟。歴史を感じさせる建物です。これは別途に要調査。F棟周辺は旗本屋敷でした。手前の愛宕下通り(愛宕下広小路)には江戸時代、桜川が流れていました


d0121045_245115.jpg

芝郵便局交差点。右に曲がると秋田小路。右手前のブロックには伊予松山藩上屋敷がありました

↓よろしければ、ランキングにご協力お願いいたします!
にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


[PR]
by edohantei | 2009-11-09 02:41 | 藩邸探訪


by edohantei
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
藩邸随想
藩邸探訪
国許随想
国許探訪
フォロー中のブログ
最新の記事
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
「坂の上の雲」の幕末と薩摩
from 郎女迷々日録 幕末東西
「坂の上の雲」NHKスペ..
from 郎女迷々日録 幕末東西
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧