藩邸クロスオーヴァー

江戸の大名屋敷(江戸藩邸)址は、地方出身者と東京を結び、東京の昔といまを結んでくれる接点です。
タグ:松代藩 ( 2 ) タグの人気記事
真田殿の上屋敷を訪ねる[松代藩上屋敷]
先の記事で、松代藩真田家上屋敷について触れたので、実際にいってきました。

d0121045_8295428.jpgd0121045_8311779.jpg
経済産業省別館

住所は、千代田区霞が関1丁目3-1。
現在は、経済産業省別館が建ち、資源エネルギー庁、中小企業庁、経済産業研究所などが入っています。
しかもこの地は、明治23年(1,890)11月、第1回帝国議会が行なわれた議事堂の跡地でもあるのです。
祝田通り沿いの歩道に、そのことを示す古びた立て札がありました。
まさに、近現代日本政治の中心地といえますね。

d0121045_8322296.jpg
帝国議会議事堂跡を示す由来板

信濃最大の石高(10万石)をもつ松代藩ですが、幕府要職を務める譜代諸藩や、福岡藩黒田家、長州(萩)藩毛利家などの大身外様諸藩が立ち並ぶ中に屋敷地をもてたのは、特筆すべきことかもしれません。
一般には外様大名と思われていますが、徳川家と縁戚関係があり、江戸後期には、親藩・譜代の養子を入れて老中もだすなど、譜代格というべき存在だったことが、関係しているのかもしれません。

それにしても、どうでしょう。
かほど人気のある真田家の上屋敷跡地に、それを示す立て札一つないというのは、さみしい話です。
近くの米沢藩上屋敷跡には、立派な記念碑が立っているのですが……。

なお、松代藩中屋敷の建物が長野県上田市のホテルに移築され、また藤沢市の龍口寺にも藩邸の建造物が移されているそうです。

================================================
◆信濃松代藩真田家
上屋敷:外櫻田(霞ヶ関、新シ橋の内)→千代田区霞が関1丁目3-1
================================================

↓よろしければ、ランキングにご協力お願いいたします!
にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


[PR]
by edohantei | 2009-11-24 08:33 | 藩邸探訪
サムライ・ハイスクールと望月氏[松代藩上屋敷、望月能次郎居屋敷]
この秋、日テレ系列で毎週土曜21時から放映されている『サムライ・ハイスクール』

大坂夏の陣で戦没した真田幸村の若き家臣・望月小太郎が、氏名を同じくする現代の高校生に乗り移り、さまざまな事件を巻き起こす、学園ドラマというかホームコメディというか、そんな感じのドラマです。

戦国武将がからんでいるけれど、史実とは無関係の他愛ない作り物。といえばそれまでですが、こんなベタな青春ドラマもいいじゃないか、と毎回楽しみに観ています。
11月21日放送の「其の六」では、主人公・望月一家の家族愛に、ホロリと涙まで流してしまいました。

それはさておき、「望月小太郎」。
ドラマでは、真田一の武将・望月宇兵衛の弟という設定になっています。
このドラマのために創出されたであろうこの人物は、なにか前提となるものがあったのでしょうか。

真田といえば、「真田十勇士」
参考にはなるし情報量も多いけど、事実誤認も多いWikipediaによれば、真田幸村(信繁)に仕えたとされる彼らの呼び名は、立川文庫にはじまるそうです。

もちろん物語上の存在で、実際に「真田十勇士」と呼ばれた家臣団(?)はいなかったらしいですが、十勇士のうち、モデルとなる人物がいる者、実際に存在した者もいるそうなので、こちらをチェックしましょう。

いました。望月六郎です。
これまたWikipediaによれば、望月六郎には、「望月宇右衛門、または望月甚左衛門、または望月卯兵衛、または望月卯左衛門幸忠」というモデルが存在するそうで、

望月卯兵衛×望月宇右衛門=望月宇兵衛

となった可能性はありそうです。このあたりは、ドラマの制作者に訊くのがいちばん早いのでしょうが……。
望月自身が死んだのは、おっさんになってからなので、乗り移った高校生に年齢を合わせるため、享年17歳の「望月小太郎」が創りだされたのでしょう。

とはいえ、真田氏望月氏には関係があります。
真田氏も望月氏も、信濃の名門・滋野(しげの)氏の末裔を称する一族なのです。

いつも参考にさせていただいている「播磨屋.com」さんの「武家家伝」によると、望月氏については「滋野氏の後裔を称しているが、おそらく信濃十六牧の筆頭望月之牧の牧監であったものの子孫と考えられる」としながらも、系図上は滋野氏後裔の望月太郎をはじめとしているのだそうです。
しかし、望月氏の嫡流は河中島合戦で戦没し、さらにその名跡を継いだ武田家の血を引く人々も、本能寺の変後に起こった混乱のなかで、徳川家康に追い落とされてしまいます。

いっぽう真田氏は、滋野氏嫡流を称する海野氏の分流です。
海野氏は武田信虎と信濃豪族たちに滅ぼされ、さらにその名跡は信玄の子・信親が継ぎますが、武田滅亡とともに絶えます。
以後、海野氏の名は、関ヶ原後も残った真田家の家中に残されていくこととなります。

真田幸村(信繁)と望月六郎、フィクションの中でつながっている二人ではありますが、まったく適当につなげられたのではなく、実は戦国の信濃をバックボーンにしていたんですね。

そういえば、11月20日放送の『タモリ倶楽部』で、静岡には望月姓がやたら多い、という話をしていましたが、山梨県でも、望月は名字のランキング3位以内に名を連ねています。
いっぽう、望月氏発祥の長野県では、ランキング90位以下と他家に押されぎみな状況です。

ところで、藩邸に関するブログなのに藩邸に触れないのもさみしいので付け加えると、信濃松代藩真田家の上屋敷は新シ橋の内、いま中小企業庁などが入っている経済産業省別館あたりにあり、旗本・望月能次郎(熊次郎)の居屋敷は、いまの新宿区西五軒町にありました。

↓よろしければ、ランキングにご協力お願いいたします!
にほんブログ村 歴史ブログ 江戸時代へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ


[PR]
by edohantei | 2009-11-23 02:00 | 藩邸随想


by edohantei
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
藩邸随想
藩邸探訪
国許随想
国許探訪
フォロー中のブログ
最新の記事
以前の記事
メモ帳
最新のトラックバック
「坂の上の雲」の幕末と薩摩
from 郎女迷々日録 幕末東西
「坂の上の雲」NHKスペ..
from 郎女迷々日録 幕末東西
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧